読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakai’s diary

ラジオのことと日々のこと

2016年2月24日 吉田山田のオールナイトニッポンZERO

f:id:sakai_wasabi:20160228031124j:image
「良きところで、終了するけどアナルを締めて!」

奇しくも47回目の放送。
そうです!終わるんです!
月曜からの番組終了のお知らせが続き、覚悟をしていたのでそんなにダメージはなかったですが、やはり寂しいし悲しいです…。
番組始まる前に、軽く手の震えと動悸が…。
「日々」がリアルでこんなに胸に響き、泣けるのは初めてかもです…。
出会った日〜、恋に気づいた日〜♪
そう、去年の4月にまでは吉山のことをまるで知らなかった私。
出会ったのは2015年4月1日。
不毛な議論の流れでなんとなく聴いていたら、あまりの面白さに引き込まれてしまいました。
そこから一回も欠かさず生で聴き続け、どんどん面白くなって…。
アヒル口のコーナーが始まってからは、たくさんメールを採用していただきました…。
私はハガキ職人とは言えないです。他に聴いてる番組にもほとんどネタ送らないし、ネタ考える才能もないし、採用されたこともほんの少しですし…。
でも吉田山田ANN0では、本当によく読んでいただいて、すごく嬉しかったので、思い入れのある番組でした。

f:id:sakai_wasabi:20160228031804j:image
こんな感じの台本で、終了することを伝えてくれと言われたふたり。
吉田さんは学生の頃からラジオっ子だったので、この番組が決まったときは感極まったということでした。吉田さんのラジオ愛が伝わってきますね…。
山田さんは奥田さんに会えなくなるのが寂しいと。
奥田さんはラムちゃんみたいな存在で、いつもは「もー!」と思うけど、実際いなくなってみると寂しいと。
この1年で奥田さんと吉山はすごく仲良くなったと思うし、奥田さんも泣いちゃうくらい寂しいんだと思います…。
なので、またANNに呼んでほしいです!Rでの復活も期待したい…!

このラジオを始めて、吉田さんは山田さんの成長を、すごく感じたみたいです。
ラジオのスタッフみたいに斜に構えた人たちが、なかなか周りにいなかった山田さん。
この人たちを感動させるような歌を作ろうという思いが、曲に現れてるようです。
私もいろいろなラジオで「47【ヨンナナ】」の中からの新曲をいくつか聴きましたが、なんとなくそれは伝わってきました。
音楽番組で一緒に共演した吉澤嘉代子さんを和ませようとボケてあげるなどという、成長も垣間見られたようです。
本当に吉田さん、山田さんのこと理解してるなぁ…。
放送中にかけた「母のうた」はパーソナリティー、スタッフ、リスナーも沁みたのではないでしょうか…。
またTwitterを見てると、ガチファンではなく、男性のリスナーさんが「面白かったのに」「吉田山田も終わるのかよ!」と嘆いていて、嬉しかったです…( ;  ; )
そんなこんなでフリートークは、マラソンの話、山田さんが遅刻した話、地球防衛未亡人の話などでしたが、やはり番組が終わることに対してのふたりの思いが中心となりました。

ノッティーくんのコーナー、先週はSPWでお休みだったので、私は結構送ったのですが、2週間分溜まっていたのか、読まれたのは1通でしたが、読まれただけありがたいです…。

「藤田ニコルを可愛いっていう女って、絶対自分のほうが可愛いと思ってますよね~!
50歩100歩だ、バーカ!」

山「いやいやいやいや、口悪いなぁー!」
吉「(笑) ラジオネーム、さかいわさび。まぁーまあ、どうでしょう」
山「んー…」
吉「藤田ニコルちゃんわかりますか?」
山「わかります、わかります。でもごめんなさい、最近その、ファッション誌見てても」
吉「うん」
山「結構みんな同じ顔に見えちゃうんですよね」
吉「おじさんだな」
山「ヤバいよ、本当に」
吉「おじさん現象」
山「うん」
吉「そうですねぇー…50歩100歩…いやでもなんかあれなんじゃないですか。内から出る可愛さなんじゃないですか」
山「あー」
吉「藤田ニコルさんって」
山「なるほどね」
吉「なんかあのキャラクター、元気出るわーみたいなさー。常にお一方はいますよね、ああいうキャラクターの」
山「うんうん」
吉「屈託なく」
山「はいはい」
吉「人気者が常にいる感じ」
山「そうですね」
吉「これ以上は何も言えません!」
山「はい」

今回はあまり読まれたことないラジオネームの方もたくさんいたように感じます。
NGコーナーではついに吉田さんが「Shiggy Jr.はブスじゃないと思います」とまさかのネタバレ(笑) 

f:id:sakai_wasabi:20160228033341j:image
あと4回!心して聴きますね!