おやすみ、September

ラジオのことと日々のことの記録

私が「吉田山田大百科」アニバーサリー盤を買った話

f:id:sakai_wasabi:20200502052317j:image

吉田山田初のベストアルバム「吉田山田大百科」が、4月8日にリリースとなりました。

遅くなりましたが、私が大百科のアニバーサリー盤を購入した話を書きたいと思います。

とても個人的な思いですがこの気持ちを忘れたくなくて、ブログに残しておこうと思いました。

大百科のアニバーサリー盤はこれまでの吉田山田のCDにはない、とても高価な商品です。

今までのスーパーデラックス盤はなんとか買えてた値段ですが、アニバーサリー盤の値段を知った時、正直手が出ないなと思いました。

というのも私はこの5年ほど仕事をしていません。

だから贅沢な生活は出来ません。

でもアニバーサリー盤の内容を知ると、どうしても欲しいという気持ちが抑えられませんでした。

だから働くことを決心しました。

それはそれはものすごく葛藤しました。

私がなぜ5年も仕事をしてなかったという理由は暗くなるので細かくは言いませんが、最後に働いてた会社は体と心を壊し出勤出来なくなり、病院で医師に働ける状況ではないと判断され、そこからずっと療養のような生活を送っていました。

最後に働いてた仕事は本当にキツくて、療養中の5年間も定期的に仕事の悪夢を見るくらいトラウマでした。

しかしその療養中に吉田山田に出会い、体調もだいぶ良くなりました。

そして戦ってる吉田山田やいろんな問題や悩みを抱えつつも頑張ってる周りの友達を見ると、働いてない自分は逃げてるんじゃないか?とどこかいつも心の片隅で自分を責めていましたが、動くことが出来ませんでした。

だから一大決心して働くことを決めたものの、不安と恐怖でいっぱいでした。

でもその怖さに打ち勝つ勇気をくれた吉田山田は本当にすごいと思います!

派遣会社に登録しましたが、私の第一希望の職種はすごく倍率が高いのとやはり私に仕事のブランクがあるからか採用されず、別にコールセンターの仕事を紹介されました。

コールセンターは以前やっていた職種なので経験者ですが、それで体と心をボロボロにして辞めたこともあり、この仕事を受けようか迷いました。

でも3月末までの短期だしアニバーサリー盤を買うためだからと割り切り、吉田山田のためなら頑張れるかなと思い受けることにしました。

それに仕事を選んでる時間の余裕はありません。

アニバーサリー盤は受注生産ですから、決められた日までに入金しなければ、一生手に入りません。

2月の上旬から研修が始まりました。

緊張で心が張り詰めた日々が続きました。

毎日一睡も出来ませんでしたし、プレッシャーなのか身体中が痒くなったりしました。

携帯に「お守りのうた」というプレイリストを作り入れて、頑張れるよう出勤・退勤・昼休みに聴くようにしました。

電話応対のすごいプロ!という感じのベテランの女性の社員さんに研修を受け、ロープレでその社員さんがお客様、私がオペレーターの役をやったのですが、ロープレが終わったあとその社員さんが「素晴らしい応対だわ!過去の経験が活きてるわね!」ととても褒めてくださって驚きました!😳

私はこれまで仕事で怒られることはあっても褒められることはなく、仕事の出来ない人間だと思って生きてきたからです。

そこで少しだけ自信がつき、研修が終わり業務本番が始まりました。

自分でも意外だったのですがオペレーターやってた頃の感覚を取り戻すのが早く、すんなりクッション言葉なども自然に出てきました。

そしてたくさんのオペレーターさんが「さかいさんの応対上手いですね。聴いてて勉強になります」と言っくださいました。

吉田山田のために始めた仕事とはいえ、あくまでも仕事をしてる時は仕事モードに切り替え、お客様に誠心誠意接するようにしてたので、それが周りの人に伝わってるのかと思うと、努力が実を結んだ気がして本当に嬉しかったです!✨

また私と同じように音楽が好きでそのために働いてる人もいて、友達になれたりもしました。

5年間一人暮らしで引きこもっていたので、職場の人やお客様と話せる日々は新鮮でした。

クレームを受けたりミスを犯した時凹まないように、フロアに持って行けるバッグに吉田山田のグッズのキーホルダーをお守りにつけて行き、眺めてたりもしました。

そして1ヶ月ほど働き、なんとか無事にアニバーサリー盤申し込み締切日までに入金出来ました!

そして待ちに待ったリリース日、私は仕事だったので帰宅すると不在票が入ってました。

帰宅した時点で19時過ぎてたのでもう今日中の配達は無理かな〜と思ったのですが、ダメ元でドライバーさんに電話したところ、配達は終わったけど帰りがけに寄っていただけるとのことで、20時半頃に届けてくれました!

このご時世、宅配のドライバーさんはとても忙しいだろうに嫌な顔一つせず届けてくれて…😭✨

とっさに家にあった缶チューハイを一本渡して「これ良かったら飲んでください!」と言ったら「ありがとうございます!いただきます!」と爽やかな笑顔で受け取ってくださいました…。

私が勇気を出して仕事を始め、頑張って稼いだお金で買った、すごく楽しみしてた商品だったのでとても有難かったです…。

翌日感謝を伝えたくて宅配業者のお客様センターに電話をし、ドライバーさんの営業所とお名前を伝えました。

このアルバムは今までと違った、自分で勇気を振り絞って目標を掲げて買った、特別な宝物です!🎁

有言実行で達成出来たのも嬉しいですし、吉田山田に貢献出来た(というと偉そうですが…💦)のもどちらも嬉しいです!✨

しかし私が派遣会社に登録したのが1月下旬、そこから新生コロナウイルスがあっという間に広がっていき、派遣会社に来る仕事は激減してるとのことです。

もう少し時期が遅かったら、仕事が見つからず買えてなかったかもしれません…😣💦

コロナの影響でライブやリリースイベントも中止になってしまいましたが、アルバムはしっかり手元に存在するので、この時期にこんな素晴らしいアルバムをリリースしてくれた吉田山田に本当に感謝です🙏🏻

そして仕事ですが3月末までの契約だったのが5月末まで延長になり、さらに7月末まで延びました。

派遣会社の担当の方から「さかいさんの仕事に対する姿勢はクライアント様から評価していただいていて、さかいさんが良ければ続けていただきたいです」と言われました…!

最初はアニバーサリー盤買うためだけに始めた仕事でしたが、仕事を褒められたり友達が出来たりと思わぬ副産物で、これも全部吉田山田のおかげで感謝感謝です!😭✨

だからアニバーサリー盤を買うという目標を果たしたものの、仕事にやりがいを感じモチベーションも上がったので、仕事は続けていこうと思っています。

仕事してる間吉田山田のいろんな曲に励まされましたが、特に「もし」の「ガムシャラな背中がいつか誰かの背中を押せたら ひた走り続けた答えになるんだ」という歌詞の「ガムシャラな背中」というのは、私にとって吉田山田です。

吉田さん山田さん、私に一本踏み出させてくれてありがとうございます✨

大百科、大切に聴かせていただきます😌🎧

そして私が仕事を始めるにあたり、応援してくださった方々、本当にありがとうございました!🙇🏻

いつかまたライブに行ける時が来ると信じて、今出来ることをして、引き続き仕事も頑張ります!💪✨