おやすみ、September

ラジオと音楽と少しだけ日々のこと

2022年9月の夢日記

【8日】

①私は幼稚園くらいで、祖母もその歳。でも設定は現代。私が「ぐりとぐら」の絵本が好きなため、電子書籍かネットで絵本を買ってくれた。そのあと請求が来て、祖母が「えっ、この本こんな高いの!」と驚いていて、私は「私のために高い絵本買ってくれてたんだ…」と思う。

②MARKS&WEBで働いてる。閉店間際でスタッフは私一人。そこにフワちゃんがやって来て、爆笑問題太田さんへ誕生日プレゼントを買いたいと言う。フワちゃんがめっちゃ関係ない世間話してくるので、このままでは閉店までに買い物が終わらないと思った私は、私のセレクトで勝手にプレゼントを選ぶ。リボンをかけながら「私、太田さん大好きなんで、うちの商品選んでくれて嬉しいです」と言う。フワちゃんを送り出そうとしたところ、店の出口に太田さんが待っていた。私はびっくりして「太田さん!ファンです!カーボーイも毎週聴いてます!」と言う。

③橋口さんの彼女になってるという設定。橋口さんは福山になるとかなんとか言って、タンクトップに首にスカーフみたいなのを巻いてくる。私が率直に「それ変だよ」と言い、橋口さんは落ち込んでしまう。

【11日】

私と弟で祖母に、吉田山田の「母のうた」を歌ってあげている。祖母は寝ながら目を瞑り聞いており、少し微笑んでいる。

【17日】

カエデさんと同じ職場で働いてる(もちろんカエデさんの顔は知らないが夢には顔が出てきた)。職場はコールセンター。働いてるうちに何だかすごく疲れる…と思うと、週3で働いてたはずなのに、いつの間にか週5で働いてたことに気づく。祖母に「週5とか絶対無理。ものすごく疲れちゃうの」とこぼす。

【18日】

吉田さんと結婚することになるらしく、二人で吉田さんの実家(なぜか青森)に行く。吉田さんの家族が私のための部屋を一室用意してくれる。その部屋にベッドと父のレコードを置いて、ずっと寝て過ごす。流石に嫁になるのに夫の実家で寝てばかりいるのはどうなのかと思うが、何しろ眠すぎて身体が動かない。吉田さんにも怒られるかな…とビクビクしてるが、特に怒られない。吉田さんは何の仕事をしてるかよく分からない。実家にいる際は近所の小学校で、山田さんと一緒に音楽を奏で、子供たちにダンスや体操をさせていた。