おやすみ、September

ラジオのことと日々のことの記録

2020年2月24日 吉田山田のポッとでなふたり

f:id:sakai_wasabi:20200225222217j:image

OPトークは、山田さんの人との距離感の悩みから。

山田さんは仲良くしてる画家さんのことをさん付けで呼んでるけど、そろそろくんとかちゃんで呼んでみたいとのこと。

それに対して吉田さんは、さん付けで呼んでる関係が好きだとのこと。

例えば吉田さんが通ってる鍼の先生は、長い付き合いだし吉田さんより年下だけど、やはりプロとしてのリスペクトがあるし、さん付けで呼んだり敬語を使って接してる中で、その人の人間臭い部分が見えるとより面白いからとのことです。

私はそれにとても共感しました。

私は吉田さんと山田さんのことを、よっちゃんやまちゃんと呼べません。呼びたくありません。


それは吉田さんが話していた通り、お二人をリスペクトしていて友達じゃないんだからと思うからです。


でもさん付けで呼ぶ中で、尊敬していて憧れの存在である吉田さんが、私と同じく伊集院さんのラジオやブランキージェットシティやナンバーガールが大好きだったり、私がおすすめして松之丞さん(今は伯山さんですが)のラジオを聴いてくださるようになったりする繋がりがあると、ものすごく光栄で嬉しく思います!


おこがましいですが一リスナーとしては、私と吉田さんは同じ立場にいるのかなぁと思うと、それも嬉しいです。

f:id:sakai_wasabi:20200228044303j:image

ふつおたを吉田さんが読んでる途中で、完全に集中力が切れた山田さん。

吉田さんのメール読みをまったく聞いてませんでした笑

そこで吉田さんがあまりにも集中力が切れてるから、ここからは山田さんにメールを読まそうという戦略に。

いざ山田さんは挑戦するものの、ぐだぐだ具合がひどすぎてめちゃくちゃ!😂

メールを全文読んでると、吉田さんに「要件だけ読め」と注意されたり笑

私も読まれる時ちょくちょく文章を端折られることがあったのですが、やはり吉田さんがコンパクトにメールを伝えるために添削してたんですね。

でもそのおかげで久々の「ケツカクゲン」は山田さんに読んでもらえることになりました😌

『歌手が気持ち良さそうに歌い上げてる表情は、オーガズムに達したときの表情と同じだと思う!』

これ、去年の5月に送ったメールです…。

これに対して吉田さんは「俺、売れる女性アーティストの条件があって、俺がもし女性アーティストプロデュースするんだったら、歌い方のどこかに喘ぎ声が想像出来る要素が入ってるっていうのが、今まで売れてる女性アーティストでもそうなんじゃないかって」と言ってました。

山田さんも「深層心理でね、あーなんかエロいなじゃなくて、聴いてるうちになんかそこをちょっとだけ意識してしまってると思う、確かに」というと、吉田さんは「セクシーだよね、下品じゃなくて。それは男性にも女性にも言えるかもしれない」と言ってました。

そしてそのあとテンガリオンさんのネタで、

『ギターソロを弾いてる時のギタリストの顔って、イってる時の顔みたい』

というネタが読まれ、吉田さんに「一緒じゃねえか」とつっこまれてました笑

山田さんは「これは2つで1個ですね」と言ってました。

岸本さんが「ギターボーカルは2回イってるってことですよね」と言うと、吉田さんは「2回分オーガズムに達してる訳じゃないのよ、別に。そういうことじゃない」と言ってましたが、吉田さんはギターボーカルなので、私は2回イってると思います笑🤭♥️

私は吉田山田が歌い上げてる時の表情を、いやらしい目で見てますよ?←

歌い方も、特に吉田さんはブレスがとてもセクシーです。

歌い上げてる時の表情は、目をギュッと瞑って眉間に皺を寄せてる感じがすごく良い意味でエロくて(特に吉田さんの場合それに汗が滴ってさらにエロい)ギターを弾いてる時は目を瞑って気持ち良さそうな表情に色気を感じます😌

私とテンガリオンさんのネタは、わざと岸本さんが被らせたんでしょうね。

吉田さんが「お二人に何かあげましょう」と言ってくれて、山田さんが黄ポッとシールをくれました!😆🙌🏻

以前「理解していただけないと思いますが」の最終回でも、私とテンガリオンが続けて読まれてノベルティ貰ったので、私とテンガリオンさんニコイチなの?と思っちゃいました笑