おやすみ、September

ラジオと音楽と少しだけ日々のこと

2021年7月13日 吉田山田のパッとでなふたり

 


www.youtube.com

今年もついに下半期に入りました。

去年は一年分の吉田山田年表とパッとで年表を送り年末に読まれましたが、一年分となるとトピックが多すぎてしまうなと感じたので、今回は上半期が終わってから送ろうと、コツコツ年表を作っていました。

吉田さんが「さかいわさびさん、いつも年表を送ってくれるんですよ」と覚えてくれてたのに対して、山田さんはまったく覚えていませんでした🥲

吉田さん山田さん、こんばんは!

もう2021年上半期が終わってしまいましたね。

さて私が去年、吉田山田とパッとでなふたりの年表を作って年末に送ったのは覚えていらっしゃるでしょうか?

今年も地道に記録をしてるのですが、今年の年末に全部送ってしまうとトピックスが多すぎてメールが長くなってしまうので、とりあえず2021年上半期の吉田山田とパッとでなふたりの年表を作り送らせていただきます。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - 

 


まずは上半期の吉田山田のから。


【2021年吉田山田の軌跡】

〈1月〉

・渋谷マルイで吉田山田展2020-2021を開催。吉田さんは大晦日にマルイさんまで展示の手伝いに来たのに、山田さんは来ず。


〈2月〉

・吉田さん、目標であるTwitterフォロワー2000人達成。

・ファンクラブ限定イベント「ほろ酔いオンライン」実施。

・吉田さん、clubhouseを始める。


〈3月〉

・吉田さん、ミュージシャン × Apex Legends大会“Beat’em Up”に出演。ゲーム好きが初の仕事となる。

・「ひとつぶ」が配信リリース。

・「ひとつぶ」がTBSラジオの推薦曲に選ばれる。


〈5月〉

・「DIMELIVE 2021 Supported by 日本郵政」へ山田さんがゲスト出演。


〈4月〉

・ライオン株式会社と歯磨きのための曲「イ〜ハ〜」を書き下ろす。


〈6月〉

tvk「かながわ旬彩ナビ」、テレビ埼玉「マチコミ」で久しぶりのテレビ出演。田植えの体験をする。

・吉田山田のインスタグラム、吉田さんが乗っ取りをやめ、マネージャーさんが管理するようになり更新が頻繁になる。吉田山田アカウントも山田さんのアカウントも、フォロワー1万人を目指す。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

次に上半期のパッとでなふたりです。


【2021年パッとでなふたりの奇跡】

〈1月〉

・新年一発目の配信は、山噛様スペシャル。11通のメールの中から山田さんが噛まなかったのは2通だけで、山田うどんさんパンチ大放出・大赤字に。

・山田さん自払のパーカー含む、新ノベルティがパッ缶が遂に完成!

・新年一発目の生配信で(吉田山田展2020-2021のパネル当選者発表を行う。

・吉田さん、人生初めてきなこにハマる。

・山田さん、年末年始に「鬼滅の刃」を一気読みしたにも関わらず、主人公の名前をはじめ、内容をまったく覚えてない。


〈2月〉

・山田さん、人生初めての鼻毛ワックスにチャレンジ。

・吉田さん、落ちたコインを拾うために左手の親指の爪を伸ばしてると告白。

・テキサスのリスナー一生浪人さんから、ご自身の写真が届くが、ビックダディに似てるとチャット欄騒然。

・コーナー「もしかして?」短命で終了。

・山田さん、子供の頃に通っていたスポーツショップの店長に感動の再会を果たすが、店長にまったく覚えられていなかった。

・山田さん、北海道の近くにロシアがあることを初めて知る。


〈3月〉

・第40回配信で、山田さん2回目のチャットに参加。ずっと変な駄洒落みたいなレベルの低い韻を踏み、リスナーを困惑させる。

・山田さん、パーソナルトレーニング風のジムに通い始める。

・吉田さん、黒以外の服に興味を持ち始める。

・一生浪人さんから、テキサスよりテンガロンハットが送られてくる。

・「ポッとでなふたり」から数えて、めでたく200回配信を迎える。

・3月の生配信の機材トラブルで、ジングルの時に花房さんのお子さんが写ってしまい個人情報漏洩。

・山田さん、メルカリで値切りをして出品者から怒られる。


〈4月〉

・吉田さん、恵比寿のインドカレー屋で無銭飲食未遂事件。事件そのものより吉田さんの人間性が問われ、大人の常識を持つ山田さんとホソイさんの株が爆上がりし、吉田さんのクズっぷりがあらわになり、過去最高のチャット欄大荒れの配信に。


〈5月〉

山田和子さん、高年齢にしてグラビアデビューの噂が。第二の宮崎美子さんになるか?

・オーブ現る!オーブは守護神で吉田山田がすべると現れ助けてくれる。

・コバーンさんのインスタが充実して人生の大成功者感が出過ぎてて、何か悪いことをしてる(山田さんいわく何かを育ててる)疑惑が湧く。

・Gゼロクッションの機能性を証明する。

・第50回配信を記念し、生配信。パッとでとしてはめずらしく歌ありの放送。「一番星」「種」そしてリスナーからの投票第一位の「ララバイ」を披露。チャット欄は感動の嵐だったが、音楽に愛情を持ってないラジオ畑の花房さんとキシモトさんには刺さらず。

・新コーナー「1番ワン」スタート。

・山田さん、ついに教習所へ通い出す。教官はプルースリー、Toshl、レオおじいちゃんと名物教官ばかり。

・吉田さんのゲーム動画が配信。

・山田さんがあんこうを捌く動画が配信。


〈6月〉

・山田さん、仮免合格。

・山田さんがあげるパッ缶はピンクと緑ばかり。本人はランダムで出してるつもりらしいが、鳥頭なので忘れてしまってる。

・山噛様のコーナーでご褒美を吉田さんばかり食べていると、山田さんのファンからガチの苦言が来てしまうが、吉田さんは心を鬼にして食べ続けると抗議。

 

―――――――――

 

といったところです。

個人的に私は吉田さんの無銭飲食未遂の回がインパクトありすぎて、10回くらい聴き返しました。

しばらく吉田さんのことを非常識人だとショックでショックで…吉田不審になりました…。


また去年勝手に私が行った流行語大賞のノミネートの言葉も記録してあるので、次は年末をお楽しみに!

私もここから年末にかけて吉田山田が、パッとでがどんな動きをするか楽しみにしてますね!


パッスポ非公認記者さかいわさびより。

やはり上半期でもトピックが多すぎて、端折られたところもたくさんありました。

今のところパッとででの事件はやはり、吉田さんのカレー無銭飲食未遂回でした…本当にあれは衝撃だった…。

まとめた甲斐もあり、黄色 パッ缶をいただきました!ありがとうございます!✨

f:id:sakai_wasabi:20210718041432j:image

2021年6月29日 成瀬心美ぷるるんhoneyトラップ

f:id:sakai_wasabi:20210702000029j:image

ポストを覗いたら、TBSラジオからの封筒が。

心当たりなくなんだろう?と思い、開けてみるとなんとうえの君人形が!

すぐぷるるんTFしたところ、また「卍なオトコとぴえんなオンナ」で採用されてました!

レコードのことをヴァイナル、フジテレビのことをCXと呼んでる男は信用するな!!!

CXだけじゃなくて、ニッポン放送のことをLFと呼ぶ奴もいけ好かないと思ってます笑

ここみんもスタッフさんも、レコードのことヴァイナルと呼ばれてること知らなかったみたいで、意外でした😮

f:id:sakai_wasabi:20210724042527j:image
f:id:sakai_wasabi:20210724042524j:image

初のうえの君人形嬉しいけど、使い道がわからない😂

ここみん、ありがとう💗

ヒコロヒーさんのトークも面白かった☺️

2021年6月29日 吉田山田のパッとでなふたり


www.youtube.com

OPトークでは、キシモトさん、コバーンさん、おいちゃんによる歌心対決をしないか?との提案が!

しかしこの番組では吉田山田の曲しか流せないので、やるとしても全員吉田山田の曲で対決することに🙄笑

今回は新コーナー「1番ワン」がスタートしました。

そんなに送ってなかったのですが、1通採用されました!

私は人より暑がりだ。勿論人より汗もかく。
しかし私が一番好きな季節はダントツで夏だ。
夏の魅力を一言で言うなら「エモさ」。
季節は必ず終わる。しかしその終わりを見て見ないふりをして、刹那のきらめきを全力で楽しむ季節は夏しかない。
「エモさ」とは何か?それはおのおのの心の中にある。

吉田さんのメール読みが上手かった!

このコーナーなんか既視感があるな〜と思ってたけど、ANN0の最初のSPWでやった「YAMADA-1GP」じゃないですか?(そんなの私の他に誰が覚えてるんだよ)

f:id:sakai_wasabi:20210723073338j:image

吉澤嘉代子と日比谷野外音楽堂と私が感じたこと

f:id:sakai_wasabi:20210623082909j:image

f:id:sakai_wasabi:20210621181039j:image
f:id:sakai_wasabi:20210621181046j:image
f:id:sakai_wasabi:20210621181050j:image
f:id:sakai_wasabi:20210621181042j:image
f:id:sakai_wasabi:20210621181055j:image

吉澤嘉代子さんが高校生の頃サンボマスターのライブを観に行き、そこで自分もここで歌いたいと誓った場所、日比谷野外音楽堂に立つという、特別なライブに行ってきました。

人の夢が叶うという瞬間をはじめて観た日でした。

いつもライブに行くと感想のブログを上げてるけど、今回はちょっと違うというか、ライブの模様を伝えるのではなく、ほぼ私が個人的に感じたことで、このライブとはかけ離れた内容にもなるのですが、いろんなことを感じたし考えたし、できればこの気持ちを残しておきたくて書こうと思いました。

私が日比谷野音に訪れるのは、2016年の吉田山田祭り以来5年ぶり。6月の野音は湿度のせいか、草と土の匂いが立ち込めてました。

席は後ろから2列目だったけど、今回チケット取るのはかなり難しかったみたいで、一般で当選したのが奇跡のようでした。

特別なライブということでバンドメンバーもすごく豪華、そして舞台セットも嘉代子さんの衣装もすごく素敵でした。

始めに嘉代子さんが一人で出てきてギター一本で「東京絶景」を歌った時、夢が叶う瞬間に立ち会えて泣いてしまいました。

私はライブなどを観て「泣いた」という表現で感動を表すことが好きではありません。

私はなかなか泣かないタイプなのですが、嘉代子さんの歌を聴くとすぐに泣いてしまう。それはもちろん嘉代子さんの表現が素晴らしいのもあるけれど、今回他の理由も少しわかった気がしました。

まず一つは嘉代子さんはすごく歳下なので、娘みたいな視線で見てること。初めて嘉代子さんを意識しだしたのはラジオで「ストッキング」を聴いてから。それからANNRを一人でやった時も聴いたし「残ってる」で本格的に好きになりリリースイベントに行って、CDを買ってサインをもらって…となにげにまあまあファン歴はちょっとばかり長い方かなと思うので、その中で嘉代子さんの成長も見させてもらってきたから。だからよくここまで来たねという、親みたいな心があるのかもしれません。

もう一つは私も中学の頃不登校で、ほぼ学校に行ってないこと。私は嘉代子さんとは違う理由で行ってなかったけど(集団行動や友達を作るのが苦手ではなかった)激しすぎる思春期・反抗期を過ごしました。そういう部分は自分と勝手に重ねてしまうのかもしれません。

嘉代子さんが自分のような子供に届く歌を歌いたいと言ってるように、私は歳上だけど嘉代子さんの歌を聴いてると、あの辛かった思春期に向けて歌ってくれてるように感じます。

私も表現することが好きな子供で、歌も好きだったし、小説や漫画を書くのも好きでした。将来そういうことを仕事にできればいいなと思ったりしたこともありましたが、嘉代子さんのようにここまで来る才能も執念もなかったです。

嘉代子さんはサンボマスターのライブを見てここまで来たいと思ったようですが、私にとってそれは谷山浩子であり銀色夏生だったように思います。

ライブに来てる若い女の子を見て、こんなに若いうちに嘉代子さんのこと好きなんて、感受性豊かで人より傷つきやすくて大変だろうなと思うし、私が谷山浩子銀色夏生になりたかったように、嘉代子さんみたいになりたい子もいるのかなと思ったりしました。

毎年野外ライブは吉田山田祭りに行ってるけどそれは8月なので、この日はとっても涼しく感じました。

「ぶらんこ乗り」では心地好い風が吹いて、「泣き虫ジュゴン」では空を仰ぎながら聴くと、空の青さで海の中にいるように感じました。

席が後ろの方で会場全体を見渡せるようになっていたので、日が暮れていき周りが青く染まるのが見えてとても良かった。

暑すぎなかったので、自然の香りや空気を吸い込んで、五感で音を楽しめる余裕があったのもすごく良かったです。

とにかくこの日をこの場所で、嘉代子さんと同じ空気を吸ってることが、嬉しくてたまらなかった。

ウィンディの手紙からの「movie」はずるいほどの泣かせる流れでした。

「movie」からの4曲は「少女・吉澤嘉代子」を歌っているようで、本当に一人の少女の夢が叶ったんだなぁと思いました。

嘉代子さんは物語を作る人だ。でも完全な物語じゃなくて、どの曲にもリアルな嘉代子さんはいる。「地獄タクシー」を聴けば地獄に叩き落としてくれるし「麻婆」を聴けば中国みたいなどこかの国のお伽噺の世界へ連れて行ってくれるし「残ってる」を聴けば朝帰りしたあの日を思い出すし「サービスエリア」は恋人と世界にふたりぼっちになってこの世の終わりを感じた記憶が蘇る。

どんな幻想的な美しい曲でも綺麗事はなくて、絶対に共感できる部分がある。

曲ごとに、ライブごとに、女優のように七変化して魅せてくれた嘉代子さんだけど、今回のライブは本人も言ってた通り、素の吉澤嘉代子を観せてくれた。少女の頃野音に立ちたいと思っていた少女の吉澤嘉代子と今の吉澤嘉代子、リアルの吉澤嘉代子。それを観れたことがとても嬉しかったです。

私はわりと社交的な方だと思うけど、それでも人間関係には悩んできました。嘉代子さんはコミニケーションが苦手だと思うから、商業ミュージシャンには向いてないのかもしれない。しかもバンドではなくソロ。周りのスタッフさんやバンドメンバーに支えられてるけど、基本的には吉澤嘉代子という看板は一人で背負ってるし、孤独だと思います。でもサンボマスターのライブを観た初期衝動で野音に立ちたい!というその思いだけで、相当辛い思いや苦悩をしてきたと思うけど、ここまでやってこれたなんて本当にすごいし強いしなんて素敵な人なんだろうと思う。同じ女性として生まれてきて誇りを持てると思ったのは、嘉代子さんの存在が初めてかもしれない。

アンコールで嘉代子さんが客席に降りてきて、舞台に向かって歌った時も涙が止まらなかった。

そこで歌うのは少女の嘉代子さんが、夢の舞台へ向けて歌った歌。

野音のために買った緑のギターで、少女の頃に作った「みどりの月」を披露してくれました。

私が今一番好きな色は青緑なんです。青でもなく緑でもなく、エメラルドグリーンのようなターコイズブルーみたいな色。この日のネイルも緑だったし、今の髪のインナーの色も緑なので、なんだかすごく嬉しかった。

ここからさらに私の個人的な思いになるのですが、嘉代子さんが立って歌ったところ、5年前吉田山田のライブで吉田山田も立って歌った場所でした。

あの日は豪雨で吉田山田もお客さんもずぶ濡れになって、吉田さんは雨で足を滑らせ台から落ちたなぁとか、山田さんは泣きながら歌ってたなぁとか、みんなでラララと歌ってたら雨が魔法のように止んだなぁとか、そんなことが蘇ってきて、しばらく大好きな吉田山田のライブに行けてないことが寂しかったことも思い出して、感情がぐちゃぐちゃになりました。

正直大好きな吉田山田のこと、最近心が離れてる気がして焦っていました。あんなに好きだったのにどうして?と不安でたまらなかったです。

でもこの日のライブを観て、人は死んでまた生まれ変わるの繰り返しなんだなと思いました。

死ぬって言い方はあまりよい言葉ではないですが、例えば嘉代子さんがずっと掲げてきた夢はここで一度死んで、新たに生まれ変わった吉澤嘉代子は続いていく。

吉田山田も10周年に向けて命を削ってアルバム三部作を作り、そこで今までの吉田山田は死んで新たな吉田山田が生まれ変わった。

私の吉田山田へのがむしゃらすぎる好きだという思いも一度死んだのかもしれない。でもまた生まれ変わって、これまでの「好き」とは違った「好き」が生まれるんだと思います。

人によってそれは蘇生と呼んだりアップデートと呼んだりするのかもしれませんが、私は人は常に死に続け生まれ変わるんだと感じました。だから不安にならなくていいと思ったんです。

そして最後にバンドメンバーに夢を聞いていくところでは、みなさんの夢がそれぞれ個性的で、小さな夢から大きな夢から面白い夢までありました。

私は夢って偉い人になるとか何かを成し遂げなければならないのかなと思ってましたが、もっと肩の力を抜いて、こういうことしたいな〜って思うことでいいんだと思いました。だから私にもこの日から夢ができました。本当に夢と言っていいかわからないほど小さなことなので誰にも言ってないし、夢というより目標かな。でもそれを見つけられただけで嬉しかったです。

帰りいろんな意味で打ちのめされて帰ったけど、周りのお客さんの話してることが耳に入ると、結構みんなあっけらかんとした感想を明るく言い合っていて、私も20代半ばで一番ライブに足を運んでた時は、特に何も考えず歌って踊って跳ねてただけだったし、そんなものなのかもなとも思いました。

私は20代後半くらいから詩や文章が書けなくなって、感受性がなくなったと思ってたのですが、こうやって歳を重ねても打ちのめされるくらいの感受性は戻ってくることもあるんだと思いました。

ある程度の年齢になって自分なりの哲学や考え方や生き方が決まったなと思っても、日々その考え方は変わってるので、やはり死んで生まれ変わるの繰り返しなんだと思います。

家に帰って山田さんがこのライブに来てたことを知りました。

さっきも述べたようにライブ中に吉田山田のことを思い出してた時もあったし、5年前山田さんが個展をした図書館を見たりして懐かしかったので、山田さんとも同じ空間にいたことがものすごく嬉しかったです。

本当にこのライブとはかけ離れた内容のブログになってしまいました。

これでもこのライブで感じたこと、すべて吐き出せてはいませんが、私がこの文章を読んでこんな気持ちだったんだなと思い出せればいいなと思います。

こんな風に言うのは上からみたいだし偉そうですが、おめでとうございます、ありがとうございます、よく頑張りましたね、やりきりましたね、すごく立派でした、素敵でした、最大限の賛辞を送りたいです。そしてどうかこれからも素敵な音楽と一緒に物語の中に連れていってください。

<セットリスト>
M1.東京絶景
M2.ユートピア
M3.月曜日戦争
M4.怪盗メタモルフォーゼ
M5.鬼
M6.恥ずかしい
M7.麻婆
M8.えらばれし子供たちの密話
M9.サービスエリア
M10.地獄タクシー
M11.ぶらんこ乗り
M12ルシファー
M13.刺繍
M14.残ってる
M15.movie
M16.泣き虫ジュゴン
M17.ストッキング
M18.ものがたりは今日はじまるの

EC1.みどりの月(未発表曲)
EC2.雪

f:id:sakai_wasabi:20210623054557j:image
f:id:sakai_wasabi:20210623054554j:image
f:id:sakai_wasabi:20210623054545j:image
f:id:sakai_wasabi:20210623054611j:image
f:id:sakai_wasabi:20210623054601j:image
f:id:sakai_wasabi:20210623054548j:image
f:id:sakai_wasabi:20210623054551j:image
f:id:sakai_wasabi:20210623054607j:image
f:id:sakai_wasabi:20210623054604j:image

〈バンドメンバー〉

ゴンドウトモヒコ/Bandmaster, Horns, Sequence
伊澤一葉/Keyboard
君島大空/Guitar
伊賀航/Bass
伊藤大地/Drums
武嶋聡/Sax, Flute, Clarinet
高原久実/Violin
加藤哉子/Chorus

f:id:sakai_wasabi:20210623193135j:image

2021年6月のスペシャルウィーク

【ANN】

・オードリーのANN

ゲスト:春日クミ

【ANN0】

ファーストサマーウイカのANN0

ゲスト:霜降り明星粗品

Creepy NutsのANN0

ゲスト:ファンキー加藤

・佐久間宣行のANN0

ゲスト:アンガールズ田中

三四郎のANN0

ゲスト:香川の喉押さえマン(電話出演)、四千頭身都築

【JUNK】

・不毛な議論

ゲスト:見取り図

・メガネびいき

ゲスト:ザ・マミィ

※敬称略

2021年5月18日 成瀬心美ぷるるんhoneyトラップ

 

f:id:sakai_wasabi:20210702004054j:image

パッとでなふたりのスタッフさんがやってる番組として、数ヶ月前から聴き始めたぷるるん。

下ネタ満載だけどカラッとしてて不快にならないここみんさんのトーク、面白いです☺️

投稿もしてみよう!と思いし始めましたが、なかなか採用ならず…。

諦めかけた頃に「卍なオトコぴえんなオンナ」で採用されました🙌🏻

ヴィヴィアン・ウエストウッドとドクターマーチンとクロムハーツが好きな男は、自分に陶酔してるだけで、本当にそのブランドを好きな奴は少ない。

しかしここみんさんのリアクションは、素っ気なかった…😂

このコーナーは私が得意とする、痛い男と女をネタにするコーナー!

こういうコーナーでの採用率は異常に高い私。

得意コーナーが存在するってわかったから、これからも人の粗探しして行くぞ!

あと篠宮さんの浮気そりゃバレるよって、ツメが甘すぎです笑

2021年5月3日 wacci橋口洋平のドア開けてます!

久々にワチドアで採用されました🙌🏻

この日は橋口さん一人の放送で、メールテーマは最近の報告で、わりと自由なテーマでした。

報告します。
今日、懸賞でAmazonギフト券5000円分が当たりました!!!
やったー!!!世の中金だ、金!!!

橋口さんに「相当取り乱していらっしゃいますね」と言われてしまいました😂

でも本当に大切なものはお金じゃ買えないとか言うけど、大人になるにつれだいたいのものはお金で買えると知っしまったのです…だから世の中金なんですよ!

ゲストがいない分、たくさんメール読んでたので採用されたのかなと思いました😌